赤穂緞通の作品紹介
十字唐草(古緞通)2018年 11月21日 9:44 AM
十字唐草は最も古い時代から織られている柄で赤穂緞通の創始者である児島なかが考案したとも言われています。初期の赤穂緞通は中国の段通に倣った柄が多いのですがこちらは何を参考にしたものでしょうか。時代や地域を感じさせない、普遍性のある柄だと思い...
網利剣(古緞通)2018年 11月19日 3:14 PM
最も赤穂緞通らしい柄というとこの網利剣が思い浮かびます。通称「忠臣蔵」とも呼ばれていたそうです。細かい網に、利剣に矢羽と鋏入れの技術あればこそのシャープな文様です。サイズ:93.5cm×187.5cm価格:150,000円購入ご希望の方はメ...
雲龍(古緞通)2018年 9月28日11:20 AM
主文様に二つの団雲、縁に具象的な龍を配した文様で昭和初期から織られていたことがわかっています。こちらは同様の配色のものが、田淵記念館で開催された第二回の赤穂緞通展に出品されており戦後、1軒だけ再開した機場である西田緞通で昭和20年代〜30年...
鴛鴦 おしどり(古緞通)2018年 8月 2日 2:21 PM
正倉院裂をモチーフにしたと思われる緞通です。古くから仲の良い夫婦の象徴として好まれる鴛鴦を向かい合わせに配した縁起の良い文様です。糸や染めの状態が先日ご紹介した明治の丸牡丹と近く明治末期頃の作ではないかと思われます。サイズ:189cm×93...
市松卍文(古緞通)2018年 8月 2日 2:11 PM
藍地の格子菱十字卍文と同柄で、地色が市松模様になっています。化学染料が使われているため、比較的新しい時代(昭和初期頃)のものではないかと思われます。1枚のみ見つかった珍しい緞通のため売約済ですがご紹介させていただきました。
菱十字に縁龍文(古緞通)2018年 7月22日 2:18 AM
二種の菱型文様を淡い水色の花で繋いでいます。縁の龍文は比較的古い時代の緞通によく見られ藍の枯れた色合いからも、明治から大正までの古い時代に作られたものではないかと思われます。サイズ:94cm×187cm価格:15万円購入ご希望の方はメールに...
rss