赤穂緞通の作品紹介

過去の作品

黄の蟹牡丹(古緞通)2016年 8月 7日 2:31 PM
人気柄の黄の蟹牡丹を仕上げました。同柄の蟹牡丹の中では地味な色合いですが、しっかりとした織でどこにでも似合う、一番赤穂緞通らしい緞通です。ギャラリーに来られたお客さまで、色柄で迷ってしまわれる方には蟹牡丹をお薦めしています。鍋島緞通や堺緞通...
藍地土耳古(古緞通)2016年 7月 9日 1:48 PM
大正時代に織られたトルコという柄とメダリオンが同じなのですが、色を藍と薄茶に抑えて、その他の柄も変更され、モダンでシンプルな仕上がりになっています。薄茶部分はずいぶん色褪せた状態でしたので、思い切って白く色抜きしました。全体的に色褪せたかん...
雲竜(古緞通)2016年 7月 9日 1:31 PM
雲竜は大正時代の柄ですが、現在でも織られている格調の高い人気柄です。主にお玄関などに敷かれています。この緞通は藍染ではなく昭和初期ごろに織られた化学染めで、しっかりした厚手の織地です。耳糸が少々ほつれていたので、修復してあります。サイズ:9...
明治時代の柄の格子菱十字卍文です。京都の旧家などで何枚も敷き並べて使われていました。多いお宅では十数枚まとめて持っておられましたが、最近ではまとめて引き取れるケースが少なくなりました。また住宅事情から1枚で使われることも多くなりました。今回...
ペルシャ(古緞通)2016年 6月21日 6:34 AM
初めてみる柄でペルシャと名付けました。元の色合いはとても鮮やかだったようですが日光退色がすすんで白っぽく色褪せていました。できるかぎり藍の色を復元してアンティークがかった美しい色合いをめざしました。古い緞通がお好きな方にはお勧めです。特に地...
福寿2(古緞通)2016年 1月 3日11:36 AM
以前アップした福寿と同柄ですが、こちらの緞通は茶色のシミがきつく少しまだらに残りました。中央の丸い円内などをご確認ください。藍の地はより鮮やかに残っていて落ち着いた雰囲気の古い緞通です。この緞通は売却済みです。ありがとうございました。
rss