赤穂緞通の作品紹介

雲彩(古緞通)

2018年 3月21日12:53 AM


この特徴的な縁文様(雲彩頭ボーダー)は
sIMG_0477.jpg新疆ウイグル自治区ホータン地区で
織られてきた絨毯に特有の文様だそうです。
※参考文献 杉山徳太郎著「ホータン手織絨毯選集」

中央部のメダリオンは
「土耳古」と名付けられた赤穂緞通とほぼ同じ図柄で
こちらもイランやインドの絨毯をもとに
デザインされたと推測されています。

松を囲んだ狛犬の脇に笹の葉のような文様が見られ
これが竹とすると
オリジナルのホータン絨毯には無い四隅の花が梅で
松竹梅が織り込まれている、という解釈もできそうです。
sIMG_0473.jpg

異国の文様に日本の色、
思わず遠いところに思いを馳せてしまうような
不思議な魅力の緞通です。


サイズ:93.5cm×188cm
価格:20万円
購入ご希望の方はメールにてお問い合わせください



rss